出会い系の援デリ業者とは?危険性と見分け方を解説【100%見分けられます】

援デリ業者が気になるマン
出会い系の情報を調べていると、「援デリ業者」という単語をよく見るんだけど、いったい何なんだろう…
どうやらお金を払えばすぐにセックスできるみたいだけど、会っても大丈夫なのかな…
もし危険なのなら、援デリ業者を見分ける方法や対策法を知りたい

こんな疑問に答えます。

本記事でわかること【目次】

こんにちは、バード貴族です。

この記事を書いているぼくは、出会い系を利用して4年ほど。
援デリ業者と出会いつつも、被害を避け、毎月3〜4人の女性と会って楽しい時間を過ごしています。

そんな経歴のぼくが、出会い系に潜んでいる援デリ業者とやり取りする中で分かった特徴や対策法を紹介します。

100%の確率で見分ける方法も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでください。

出会い系の援デリ業者とは?

援デリ業者とは、国から認可を受けていない違法なデリヘル業者のことです。
「援助交際」+「デリバリーヘルス業者」=援デリ業者、ですね。

風俗店は違法な方が儲かる

違法なので、逮捕されるリスクがあります。

にも関わらず、援デリ業者が存在する理由は、認可を受けている正規の風俗店よりも、「簡単」に「儲かる」からです。

理由は以下の通り。

  • 集客が簡単
  • クレームがない
  • めちゃくちゃ儲かる

一つずつ解説します。

集客が簡単

援デリ業者は正規の風俗店より、簡単にお客さんを集めることができます。

なぜなら、出会い系に登録する男性ユーザーのほとんどが、セックス相手を探しているからです。

セックスしたくてたまらない男性に、かわいい写真を設定したサクラキャラで、エロい内容のメールを送れば、簡単に誘いに乗ってきます。

また、中には「セックスできれば相手は誰でもいい」と、援デリ業者と知りながら会いにいく男性もいるほどです。

風俗に行けばいいのに…と思いますが、エロが大好きな男性ほど、プロのかわいい風俗嬢より、素人の女性を好む傾向があると研究結果に出ています。

確かにAVには「素人もの」というジャンルがありますし、素人の女性とセックスしたい、と考えている男性は多いことが分かりますね。

クレームがない

援デリに引っかかる男性は、クレームを言いません。

例えば、援デリ業者の特徴として、プロフィール写真と全く違うデブスがくることが挙げられます。

もし店舗を構えていたりHPがある風俗店の場合であれば、「写真と違う!キャンセルだ!」と強気にクレームが言えます。

その点、援デリ業者の場合、男性ユーザーは素人の女性が個人的に援交をしていると思っているので、プロフィール写真と少々違っていても、クレームを言いません。
と言うか、クレームを向ける場所がありません。

さらに待ち合わせをする段階で「最初に2万円払ってください」というやり取りをしているので、「約束しちゃったし、コイツでいいか…とりあえずセックスしたいし…」という心理が働き、キャンセルもしません。

このように、プロフィール詐欺をしても援デリ業者が直接クレームを受けることがないので、運営も楽チンです。

めちゃくちゃ儲かる

援デリ業者は、正規の風俗店よりめちゃくちゃ儲かります。

理由は以下。

  • コストがかからない → 店舗を構えていないので家賃がかからない
  • 売り上げの半分以上を援デリ嬢から受け取る → 正規の風俗店と違って援デリ嬢を使い捨て感覚で雇っているため、強気に売り上げを取る
  • 税金を納めなくて良い → 役所に届けを出していないため、税金の申告をしない

援デリの運営は、管理売春で逮捕されるリスクがありますが、上記の通り簡単に儲けることができるので、副業感覚で援デリ業者を始める一般の会社員も多いのが現状です。

援デリ業者がいなくならない理由

出会い系やマッチングアプリの運営側にとって、メリットがあるからです。

メリット=売り上げ

「お金を払ってでもセックスできるならそれでもいい」と考える男性はたくさんいます。

そういった男性は、出会い系で以下のような行動を繰り返します。

出会い系で援デリ業者の誘いに乗る → お金を払ってセックスする → 出会い系で援デリ業者の誘いに乗る → お金を払ってセックスする → 出会い系で援デリ業者の誘いに乗る → お金を払ってセックスする…以下ループ…

といった感じ。

このループを繰り返す男性ユーザーは、出会い系でメールのやり取りをするために、ポイントを購入し続けます。

つまり上記のような男性が多ければ多いほど、出会い系業者の売り上げが伸びるわけですね。

ですから、出会い系運営側も援デリ業者の存在を、いわば「黙認」している状況です。

人間から「性欲」がなくなることはありませんから、出会い系やマッチングアプリが存在する限り、今後も援デリ業者がいなくなることはないでしょう。

援デリ業者と会う危険性

援デリ業者の派遣する女性と会ってセックスしても、一つもいいことはありません。

なぜなら、繰り返しになりますが、援デリ業者は”違法な風俗業者”だからです。

いいことがない、というより、被害に遭うことばかり。
具体的には下記です。

  • プロフィール写真詐欺に遭う
  • 性病を移される
  • 最低レベルの性サービス
  • 児童売春で逮捕される

どれも避けたいリスクなので、一つずつ解説します。

プロフィール写真詐欺に遭う

援デリ業者の派遣する女性は、ほぼ100%の確率でプロフィール写真とは全く別人のデブスです。

援デリ業者が出会い系で作るサクラキャラのプロフィール写真は、めちゃくちゃかわいいものばかりです。

理由はかんたん、かわいい女性の方が男性ユーザーの食いつきがいいからですね。

しかし実際には、プロフィール写真は中国人や台湾人のSNSから適当に拾ってきたものです。

つまり、実際に現場にくる女性は、出会い系の写真とは全くの別人。
それでも可愛ければいいですが、ほぼ100%の確率でデブスです。

なぜなら違法な存在である援デリ業者で雇われている女性は、正規の風俗店で働けない容姿レベルだからです。

かわいい女性とセックスできる、と思って待ち合わせ場所に行ったのに、実際にくるのはお金をもらってでもセックスしたくないレベルの女性なんです。

上記が、援デリ業者の被害の中でいちばん報告が多い、プロフィール写真詐欺の内容です。

性病を移される

援デリ業者の派遣する女性とセックスをすると、性病を移されるリスクがあります。

なぜなら、援デリ業者は雇う女性に性病検査を受けさせないからです。

正規の風俗店の場合、「この店に行ったら性病になった!」なんてネットで広まると、客がこなくなってしまいます。
ですから正規の風俗店は定期的に風俗嬢に性病検査を受けさせ、悪い噂が立たないように気をつけています。

その点援デリ業者は、あくまで女性個人が援交しているという体を装っているので、援デリ嬢が性病を持っていようが、男性ユーザーに性病を移そうが、何の関係もありません。
先ほど説明したように、男性客からクレームを言われることもありません。

お金払うんだから生で…なんて考えが、逆にリスクになります。
怖い。

最低レベルの性サービス

援デリ業者の派遣する女性とは、満足するセックスは絶対にできません。

先ほど説明したように、援デリ嬢は正規の風俗店で働けない容姿レベルです。
ですから安い売り上げしかもらえなくても、援デリ嬢でいるしかないのです。

そういう事情で身体を売っている女性ですから、性格がいいはずはありません。
かなりスレています。

スレている女性ですから、セックスするときに進んで奉仕なんてしてくれません。
男性に言われるがまま、面倒臭そうに対応するだけです。
援デリ嬢としては、お金をもらえれば何でもよく、さっさと済ませたいと思っているからです。

さらに援デリ業者側も、客の回転を上げるために、できるだけ短い時間で帰ってくるように援デリ嬢に指示を出しています。

そして援デリ嬢は、また次の客のところに行かされる。
さらにスレていく。

提供される性サービスが低レベルなのも納得です。

児童売春で逮捕される

援デリ業者が派遣した女性とセックスすると、児童売春で逮捕される可能性があります。

なぜなら援デリ業者は、女性を雇う際に年齢確認をしないため、セックスした相手が児童だった、という場合があるからです。

援デリ業者は、SNSなどで援交相手を探している女性にコンタクトをとり、スカウトする形で援デリ嬢にします。

正規の風俗店の場合、児童を雇っていたとなるとお店が営業停止になるので、免許証などの公的な身分証を提示をさせるほど厳しい年齢確認を行います。

その点援デリ業者は店舗を構えているわけではないので、営業停止なんて怖くもなんともありません。

むしろ10代の女性は人気があるため、積極的に雇っている業者もいます。

セックス前に児童だと知らなかった、と言っても、逮捕されるリスクはあります。
逮捕されなかったとしても警察の取り調べは受けますから、勤務先や会社にバレる可能性があります。

援デリ業者は違法だからやりたい放題

繰り返しですが、援デリ業者は違法な風俗業者です。
存在する理由は、お金を荒稼ぎするため。
援デリ嬢のことも、男性客のことも、大切には扱いません。

そんな援デリ業者と関わって、いいことがあると思いますか?

援デリ業者の見分け方と対策法

最後に、援デリ業者の見分け方と対策法を紹介します。

援デリ業者の見分け方

以下の2つには、援デリ業者を見分けることができるポイントがたくさん詰まっています。

  • 女性キャラのプロフィール
  • メール・LINEのやり取り

どれも簡単にわかるモノばかりです。

女性キャラのプロフィール

援デリ業者が作成する架空のサクラキャラのプロフィールには、以下のような特徴があります。

めちゃくちゃかわいいプロフィール写真

援デリ業者の特徴【プロフィール写真】

男性ユーザーの食いつきを良くするために、めちゃくちゃかわいい女性の写真を使用します。
先ほども書きましたが、写真は中国人や台湾人のSNSから拾ってきたものです。

スリーサイズの記載あり

援デリ業者の特徴【スリーサイズ】

エロい身体を連想させるスリーサイズが記載されています。
一般的に、女性は自分のスリーサイズをはっきりと知りません。

巨乳だったり、くびれのあるエロい腰をイメージさせることで、男性ユーザーの食いつきを良くすることが狙いです。

希望のタイプが広すぎる

援デリ業者の特徴【希望のタイプが広い】

援デリ業者の作成するサクラキャラは、希望のタイプの年齢を最大限広く設定しています。

なぜなら、男性ユーザーが理想の女性を検索するときに、どんな年代でも検索結果に出るようにすることで、より多くの男性ユーザーの目に留まるようにしているからです。

好きなタイプを「10代から60代」なんていう女性はいませんよね。

大人の掲示板で男性を募集している

援デリ業者の特徴【大人の掲示板】

プロフィールのページでは、掲示板への書き込み履歴を見ることができます。

そこで毎日のように男性を誘う投稿をしているのであれば、援デリ業者と判断して間違いありません。

いくらセックス大好きな女性だったとしても、毎日、昼夜を問わず掲示板で相手を探すことなんてあり得ませんからね。

使用端末がPC

援デリ業者の特徴【使用端末がPC】

援デリ業者は、パソコンを使って男性客とやり取りをしています。
メールやLINEのやり取りだったり、掲示板への投稿だったりが、スマホよりPCの方が断然に速く行えるからです。

メール・LINEのやり取り

メールやLINEのやり取りにも、援デリ業者と判断できるポイントはたくさんあります。

名前を呼ばない

援デリ業者の特徴【名前を呼ばない】

援デリ業者は、メールやLINEでやり取りをする中で、絶対にこちらの個人名を呼びません。
具体的には「あなた」「〜の方」「貴方」などなど。

援デリ業者はいかに楽に儲けることができるか、ということしか考えていないので、いちいちやり取りしている相手の名前を確認しないからです、

「貴方」なんて使う一般の女性はいませんよね。

自分からLINEを教えてくる

援デリ業者の特徴【LINE】

援デリ業者は、聞いてもいないのにいきなりLINEのIDを送ってきます。
LINEのIDを教えることで素人の女性と思い込ませることができるからです。
男性ユーザーからしても、ポイントのかかる出会い系でのやり取りより、LINEでのやり取りを望みますからね。

しかし、個人情報がバレる可能性があるLINEを、一般の女性は簡単に教えないですよね。

すぐに会いたがる

援デリ業者の特徴【すぐに会いたがる】

援デリ業者は、とにかく「すぐに会おう」と提案してきます。

1分1秒でも早く、1人でも多くの男性客を集めることができれば、それだけ大きな売り上げにつながりますからね。

しかし一般の女性は、まだ大してやり取りしていない得体の知れない男性に、すぐ会おうとは提案しません。

待ち合わせ場所を指定してくる

援デリ業者の特徴【待ち合わせ場所を指定】

援デリ業者は、待ち合わせ場所を指定してきます。
東京ならば、新宿、渋谷、池袋などですね。

援デリ業者の拠点を待ち合わせ場所に指定し、援デリ嬢をすぐに派遣することで、客の回転を上げ、売り上げを伸ばすことが目的です。

援デリ業者を100%見分ける方法【最初だけ2万円】

やり取りしている女性が援デリ業者だ!と、100%の確率で判断できるポイントがあります。

それが、「最初だけ2万円ください」といった、金銭を求めるフレーズを出してくるかどうかです。

援デリ業者の目的は、男性客を集めて、売り上げを得ることです。
ですから、待ち合わせの前に、必ずお金の話を振ってきます。

実際に会ってからお金の話を出してドタキャンされた場合、男性客とのやり取りだったり、援デリ嬢を派遣する手間だったりの時間がムダになってしまいます。

ですから、事前に「最初だけ2万円払ってください」と提案し、男性客が了承した場合のみ、援デリ嬢を派遣するようにしているのです。

つまり、やり取りしている女性が「最初だけ2万円」というフレーズを出したら、援デリ業者で確定、です。

援デリ業者の手口については、下記の記事で詳しく解説しています。
ぜひ本記事と併せてお読みください。
» 出会い系で「最初だけ2万」と言ってくる女性の正体【出会うな危険】

援デリ業者の対策法

対策法は簡単です。
上記で紹介したポイントに当てはまるところが一つでもあれば、その場でやり取りをやめることです。

「当てはまるけれども…素人っぽいんだよな…」と、どうしても判断できない場合は、しばらくやり取りを続けてみましょう。

援デリ業者であれば、先ほど説明したように、必ず最後に「最初に2万円ください」「ホ別苺で」などと、お金の話を振ってきます。

つまり、下記の対応でOK。

  • 「最初に2万円ください」と提案あり → やり取りをやめる
  • 「最初に2万円ください」と提案なし → やり取りを続ける

簡単ですね。

どんなに有名で、優良な出会い系だったとしても、残念ながら援デリ業者は潜んでいます。
そのせいで「出会い系には業者ばかりだ…素人の女性には出会えないんだ…」と絶望していたかもしれません。

しかし上記で説明したように、援デリ業者の見分け方は簡単です。
そして、優良な出会い系には本気で出会いを求めている素人の女性が山のようにいることも、また事実です。

援デリ業者と遭遇しても思考停止でスルーすれば問題ないので、あとは素人女性との出会いに全力を注ぐだけですよ。

という事で以上、出会い系の援デリ業者とは?実態と危険性を解説【100%見分けられます】…という話題でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です